薬剤師バイトという働き方 - 正規職員にはない魅力とは?

薬剤師 バイト → 薬剤師バイトを正規職員と比較してみる

薬剤師バイトを正規職員と比較してみる

正規職員での採用とバイトでの採用では、それぞれメリットとデメリットが存在します。正規職員は賞与が大きなポイントです。収入をより多くもらいたいという場合には向いています。
バイト薬剤師は働く時間も自由自在

しかし、薬剤師バイトでの採用は、賞与がないというほどで、時間換算にした収入は正規職員と大差がありません。賞与がないというのがデメリットにはなるものの、それに代わるだけのメリットが存在します。

薬剤師バイトの一番の魅力としては、自分の都合に合わせた勤務でやりくりができるという点にあります。忙しい子育ての合間の数時間であっても、勤務が可能な求人があるほどです。

薬剤師は売り手市場であり、条件を指定しなければ明日にでも働くことができる場が見つかるほどです。だからこそ、自分の希望にあわせた条件も見つかりやすいのです。

薬剤師バイトは、年齢を問わずに時給による設定となっているので、経験年数を活かした収入に繋げることは難しいのが現状です。一方、正規職員では経験年数を考慮することが多いため、今までの状況を踏まえた収入のステップアップを見込むことができます。

こうした状況を踏まえて、はじめは薬剤師バイトでの採用だったものの、働くことができる環境が整い、業務にも慣れてきたのをきっかけに、正規職員への雇用を変更する場合も多くなっています。もちろん、売り手市場だからこそ、相手にとっても喜ばしい措置変更であるという点も魅力的です。

毎日の生活に合わせて柔軟にスタイルを変更することができる薬剤師バイトは、生活に過度な負荷を加えないように配慮しながら、これからの成長を考えることができます。ゆっくりとでも前進することができるからこそ、薬剤師バイトはメリットが注目されるのです。

昇給が期待できない職場は山ほど存在します。薬剤師バイトが人気の理由としては、自由度の高さと、昇給がなくても安定した収入を得ることができる点が、年齢を問わずに求められる環境を生んでいるのです。

保健所勤務の薬剤師の仕事とは?

あまり一般的ではありませんが、薬剤師の職場に保健所という選択肢もあります。保健所は各自治体で運営されているので、公務員という立場ですから、地方公務員試験に合格しなくてはなりません。

しかし公務員試験に受かっても、必ずしも保健所に配属されるとは限りません。他にも公務員として配属される可能性が高いところとして、公立病院や警察関連など、薬の知識を必要とする職場に配属される可能性があり、一応は希望ができますが100%保健所勤務とはいきません。

保健所には、薬剤師の資格を持った人の他にも、医師や看護師、保健師などの資格を持っている人達が働いています。保健所の仕事の基本は地域の人々に対する行政サービスです。具体的には、健康診断、母親学級、乳児健診などです。

特に薬剤師として薬局や病院の開設許可業務や、食品衛生監視業務、環境衛生に関する分析業務などに就くことになります。

身近な仕事としては、レストランや食品工場、コンビニなど食品を扱う場所を定期的に監視するのが保健所の役目で、食中毒などの事故があった場合には、薬学の資格を持った薬剤師が中心になって調査することになります。

保健所に勤務するメリットしては、①地方公務員として採用されるため、雇用が安定している、②残業もほとんどなく、休日もしっかり取れる、③地域に密着した仕事で、やりがいがある。

それに反してデメリットとしては、①民間企業の薬剤師に比べると給料が安い、②配属される部署によっては、薬剤師としてのキャリアが十分発揮できないこともある、などがあります。

保健所の求人は各地方自治体の求人情報を手に入れることが必要です。また、必ず毎年求人があるわけでもなく、欠員が出た時だけということもあります。年齢制限があったり、臨時職員として募集されていることもあります。

どちらにしても、薬剤師の保健所勤務は絶対的な安定感から人気があります。できるだけ市町村の広報などマメにチェックしておきましょう。

駅から近いバイト薬剤師の求人を探す